前に見ている男性

雇用の歴史

ボードを持つ男性

障害者の就職に関する歴史

障害者の積極的な雇用が行われるようになったのは第一次世界大戦後です。敗戦後の日本は産業が壊滅状態で仕事が無い人が溢れていました。しかも戦地から帰ってきた軍人は腕や脚を失っている人も多くそのほとんどが「障害者」だったからです。彼らが食べていけるよう国によって障害者雇用を義務づける法律の整備が行われていったと言われています。その後、職業安定法や昭和35年の身体障害者雇用促進法が制定されて障害者の雇用が積極的に行われるようになりました。この身体障害者雇用促進法では企業に障害のある人の雇用を割り当てるという方法でしたが当時は脚や腕が不自由など「見える障害」に限られていました。しかし、昭和51年に民間企業にたいしても義務化された時に精神的や知的な障害に関しても対象となる方向へ進んで現在に至ります。

今後の障害のある人の雇用の動向予測

第一次世界大戦後から始まった障害のある人を積極的に雇用するという働きは、長い期間をかけながらさまざまな障害に対応したり納付金制度の対象を設けることでどんどん広がってきました。このような制度を利用することで、求職者である障害者と企業もメリットを得ることができます。企業の社会的な貢献活動としても積極的に行われているので、障害者雇用を行なう企業は多いです。障害者が行っている仕事には、IT企業の仕事や食品製造、事務業など様々です。雇用求人も増えており、サポートを行なう業者もあります。障害者も安心して就職活動が行えるようになっています。