前に見ている男性

障害の度合い

電話で受け付ける

障害者雇用の歴史と経緯について

障害者雇用の歴史は人間社会の流れの中で変化しています。障害の度合いによっては、働くことが可能な仕事の種類も増えています。例えば、身体機能が障害によって大きく制限を受けていても高度な職人技術を要求される場合、その技術を発揮出来れば十分に障害者雇用として成り立つのです。例えば、下半身が不自由な場合であっても計算技能に優れていれば会計係りとして雇用されます。言葉が発せられなくても体力や運動能力に優れていれば、パワーワークの仕事で雇用される事があるのです。障害者雇用が大きく前進したのは、障害者雇用促進法が制定されてからです。しかし、それ以上にIT技術が大きく進歩をした事により、パソコン操作に習熟した障害者の雇用が大きく進んだことも理由の一つに挙げられます。

今後の見通しについて

障害者雇用の今後の見通しについても話は進んでいます。障害の度合いを十分に見極めた上で、本人の得意としている分野をしっかり伸ばす取り組みも行われています。また、障害者雇用における職場意識の改革・周知徹底をする企業も増え、働きやすい環境づくりを行っているところがほとんどです。 企業で働いている人の中には、健常者と同じ業務を行っている人もいます。しかし、企業だけで取り組むのは難しいという点もあります。その為、行政や支援組織等の社会的サポートも行われるようになっています。 障害者雇用と言うと、どこかお情けで雇用をすると言ったイメージがありますが、きちんと企業に貢献できる人材として雇用しているのです。